2月の米小売売上高0・1%増 プラス続く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米商務省が15日発表した2月の小売売上高(速報値、季節調整済み)は前月比0・1%増の4739億9100万ドル(約54兆3千億円)となった。前年同月比は5・7%増。

 前月よりも伸びは鈍化したものの、引き続きプラスとなったことで1~3月期のGDP成長率にも寄与しそうだ。個人消費は米国の国内総生産(GDP)の約7割を占めるとされる。

 2月の品目・業種別の前月比は、自動車・同部品が0・2%減。ガソリンスタンドは0・6%減だった。月ごとの変動が大きい自動車・同部品を除く売上高は0・2%増えた。前年同月比では5・7%増だった。