テニス、錦織が2年連続で8強

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 男子シングルス4回戦で米国のドナルド・ヤングをストレートで下した錦織圭=インディアンウェルズ(AP=共同)

 【インディアンウェルズ(米カリフォルニア州)共同】テニスのBNPパリバ・オープンは15日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、男子シングルス4回戦で第4シードの錦織圭(日清食品)は世界ランキング60位のドナルド・ヤング(米国)を6―2、6―4で下し、2年連続で8強進出を決めた。17日(日本時間18日)の準々決勝で第17シードのジャック・ソック(米国)と対戦する。

 世界70位の西岡良仁(ミキハウス)は第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)に6―3、3―6、6―7で競り負け、ベスト8入りを逃した。