ポピュリズム拡大に警鐘 国連支持とジョリーさん

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 15日、ジュネーブで講演したアンジェリーナ・ジョリーさん(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】米女優アンジェリーナ・ジョリーさんは15日、ジュネーブで講演し「私たちは今、愛国心の仮面をかぶった国家主義の台頭を目にしている」と述べ、世界的なポピュリズムの拡大に警鐘を鳴らした。

 2003年にバグダッドで起きた爆弾テロで死亡したデメロ国連事務総長特別代表をしのぶ式典で話した。国連など多国間組織への懐疑論が強まっていることにも触れ「私は国際主義者だ」と国連への支持を表明した。

 ジョリーさんは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特使を務めている。