御堂筋暴走、審理差し戻し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2014年6月、大阪・心斎橋の御堂筋を乗用車が暴走した事故現場

 大阪市の御堂筋で2014年、糖尿病の低血糖症による意識低下状態で乗用車を運転し、3人に重軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの罪に問われた宮谷則幸被告(68)の控訴審判決で、大阪高裁(中川博之裁判長)は16日、危険運転の成立を認めなかった一審大阪地裁判決を破棄し、審理を差し戻した。

 昨年8月の一審判決は同法の過失傷害罪を適用して禁錮1年6月、執行猶予3年としていた。無自覚性の低血糖症を発症していたと認定し「意識障害の恐れを具体的に認識していたとは言えない」と判断。一方で「こまめに休憩し、血糖値を測る必要があった」と過失を認定。