山口組系会長を逮捕、警視庁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 17都府県のコンビニの現金自動預払機(ATM)から18億円超が不正に引き出された事件で、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊が、窃盗などの疑いで、北海道に拠点を置く指定暴力団山口組系の組会長の泉二美男容疑者(49)を逮捕していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。逮捕は8日。

 捜査関係者によると、東京都内では複数グループが不正引き出しに関与。組特隊は泉容疑者がそのうち、昨年8月に逮捕された別の山口組系組幹部の男が勧誘役だったグループで、組幹部や現金の引き出し役らに指示を出す立場だったとみている。