米、国境壁建設に4650億円 費用の一部、環境対策削減

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 米アリゾナ州で、メキシコとの国境フェンス周辺を警戒する国境警備隊員=2016年10月(共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権は15日、メキシコ国境に壁を建設する費用の一部として、2017、18会計年度予算に合計41億ドル(約4650億円)を計上する方針を発表した。国防費などの増額に回す財源を捻出するため、地球温暖化対策を担当する環境保護局(EPA)や外交を担う国務省の予算を大幅に削減することも表明した。行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長が記者会見で明らかにした。

 米メディアは、環境や外交予算の削減幅は3割程度に上ると報じた。

 壁建設は不法移民の流入を防ぐ狙いで、トランプ大統領が2月下旬の施政方針演説で「すぐに建設を始める」と表明した。