トランプ氏要請に理解示す 自工会会長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本自動車工業会(自工会)の西川広人会長(日産自動車副会長)は16日、東京都内で記者会見し、トランプ米大統領がトヨタ自動車の幹部に米国での工場建設を求めたことに関し、「自国に投資してほしいと思うのは当然だ。全く違和感はない」と話し、一定の理解を示した。

 トランプ氏は中西部ミシガン州で大手自動車メーカーの幹部と会談し、日本の自動車メーカーなどに米国内での対応を求めていた。西川会長は会談について「相互理解を深めていくという点では大変意義のある場だと思う」と指摘した。