米、環境と外交予算を3割削減へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 トランプ米政権が発表した2018会計年度の予算方針=16日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権は16日、2018会計年度(17年10月~18年9月)の予算方針を発表した。国防費を大幅に増やすため、地球温暖化対策を担当する環境保護局の予算を前年度比31%削減し、外交を担う国務省と開発援助を手掛ける国際開発局の予算は合計で28%減らす。トランプ大統領は「米国の強さ、安全、決意を世界に示す」と表明した。

 予算方針は政権の意向を反映しやすい裁量的経費の使い道を示した。年間支出額のおおむね3分の2を占める公的年金や医療関係などの義務的経費の配分や、税制改革案を含む歳入見通しは、5月に議会に提出する正式な予算教書に盛り込む。