第四と北越両行が経営統合へ 新潟地盤の地銀、低金利背景に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 新潟市の第四銀行本店=16日夕

 新潟を地盤とする地方銀行の第四銀行(新潟市)と北越銀行(長岡市)が経営統合する方向で最終調整に入ったことが16日、分かった。4月に基本合意し、2018年春をめどに統合を目指す。日銀の大規模な金融緩和策による低金利を背景に、各地銀は利ざやが縮小し厳しい経営環境に置かれている。両行は統合で経営効率化を進め、収益性を高める。

 両行の16年12月末の連結総資産を単純合算すると約8兆3700億円となり、北陸地方では、ほくほくフィナンシャルグループ(富山市)に続く規模となる。

 両行が出資して共同持ち株会社を設立し、その傘下に2行が収まる方式を検討している。