百貨店カートから拳銃、京都 所持容疑で78歳男を逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 百貨店の買い物カートにあった紙袋から見つかった拳銃(京都府警提供)

 京都市内の百貨店で1月、買い物カートにあった紙袋から拳銃や実弾が見つかり、京都府警は16日までに、銃刀法違反(所持)の疑いで京都市中京区指物町、韓国籍の無職金泳春容疑者(78)を逮捕した。防犯カメラの映像などを基に、金容疑者が紙袋を置き忘れたと判断した。認否は明らかにしていない。

 拳銃には発射した際の痕跡が残っており、府警は入手経路や使用について詳しく調べる。

 逮捕容疑は1月10日午後6時40分ごろ、京都市下京区の百貨店地下1階食料品売り場で、自動式拳銃のトカレフ1丁と実弾2発、刺し身包丁1本を所持した疑い。