日本勢最高は葛西の15位 W杯ジャンプ男子第23戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 スキーのW杯ジャンプ個人第23戦、優勝したシュテファン・クラフト=16日、トロンへイム(ロイター=共同)

 【トロンヘイム(ノルウェー)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は16日、ノルウェーのトロンヘイムで個人第23戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、日本勢は44歳の葛西紀明(土屋ホーム)が130メートル、128メートルの合計254・6点で15位となったのが最高だった。

 伊東大貴(雪印メグミルク)は132メートル、128・5メートルの251・5点で17位。世界選手権個人2冠のシュテファン・クラフト(オーストリア)が302・0点で今季6勝目を挙げ、通算10勝とした。