米大リーグ、川崎は無安打1四球 18日登板の田中は軽め

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 登板に向けて調整するヤンキース・田中=タンパ(共同)

 【グレンデール(米アリゾナ州)共同】米大リーグは16日、各地でオープン戦が行われ、カブスとマイナー契約の川崎はアリゾナ州グレンデールでのドジャース戦に「8番・遊撃」で出場し、2打数無安打だった。七回に四球を選んで代走を送られ、チームは4―0で勝った。

 キャンプでは17日(日本時間18日)のタイガース戦に登板をするヤンキースの田中がキャッチボール、ダッシュなど軽めメニューで切り上げた。

 ドジャースの前田は守備練習のほか、打撃練習を行い、フェンスを越える当たりも放った。

 マーリンズは全体練習が休みだったが、イチローは専用マシンでのトレーニングで汗を流した。