「ほぼ日」初値は5360円 売り出し価格の2・2倍

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京証券取引所の新興市場ジャスダックに新規上場したコピーライターの糸井重里氏が手掛けるウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営会社「ほぼ日」は17日、5360円で初値を付けた。株式の売り出し価格(2350円)の2・2倍となった。16日の上場初日は買い注文が殺到して取引が成立しなかった。

 ほぼ日は、インタビューやコラムの掲載のほか、文具などの関連商品を手掛ける。

 調達資金はスマートフォンと連動したアプリの開発費用などに充てる。