野球ソフトの福島開催決定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 福島市の県営あづま球場

 【平昌共同】国際オリンピック委員会(IOC)は17日、韓国の平昌で理事会を開き、2020年東京五輪の追加種目、野球・ソフトボールの一部試合を福島県で開催する計画について、大会組織委員会が提案した県営あづま球場(福島市)を会場とすることを決定した。東日本大震災の復興支援を後押しする狙いがある。

 組織委は、既に承認されていた主会場の横浜スタジアムに加え、施設改修を前提としてプロ野球公式戦の開催実績もあるあづま球場に絞って調整していた。IOCのバッハ会長も福島県で1次リーグの日本戦を実施するアイデアを提案し、被災地で競技を実施する意義を強調していた。