ドミニカ共和国1勝1敗に WBC2次リーグF組

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ベネズエラ戦の8回、ソロ本塁打を放ったドミニカ共和国のクルーズ(中央)を祝福するチームメイト=サンディエゴ(ロイター=共同)

 【サンディエゴ共同】ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次リーグF組は16日、サンディエゴで1試合が行われ、ドミニカ共和国がベネズエラを3―0で破り、1勝1敗とした。ベネズエラは2戦全敗。

 ドミニカ共和国は五回、ポランコ(パイレーツ)のソロで先制。七回にカノの適時打、八回にはクルーズ(以上マリナーズ)のソロで加点した。先発ボルケス(マーリンズ)ら計6投手が無失点でリレーした。

 17日は1勝同士の米国とプエルトリコが対戦。