バレー豊田合成の監督「楽しみ」 プレミアリーグ男子決勝へ自信

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 握手する東レの小林監督(左)と豊田合成のクリスティアンソン監督=17日、東京体育館

 バレーボールのプレミアリーグ男子決勝第1戦を翌日に控えた17日、豊田合成と東レの監督、主将が会場の東京体育館で記者会見し、2連覇を目指す豊田合成のクリスティアンソン監督は「いい準備ができたので、どんなパフォーマンスができるのか楽しみにしている」と自信を口にした。

 豊田合成は準決勝を勝ち抜いた。古賀主将は「経験というアドバンテージを持ち、しっかりと戦っていけばチャンスは広がる」と話す。東レは試合のなかった時期にじっくり調整。8季ぶりの優勝へ向け、小林監督は「2戦目が重要。サーブとサーブレシーブがキーになる」と決戦を見据えた。