小池氏「当事者の証言意味ある」 豊洲市場問題、百条委に期待

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 定例記者会見で、百条委への期待を語る東京都の小池百合子知事=17日午後、東京都庁

 東京都の小池百合子知事は17日の定例記者会見で、豊洲市場(江東区)への移転問題を検証する都議会の調査特別委員会(百条委員会)が18~20日の3連休に石原慎太郎元知事(84)らの証人喚問を実施することについて「当事者の証言は何よりも意味がある」と真相解明に期待を寄せた。

 小池氏は「実際に何があったのかを聞き出していただくのが百条委員会の役割。議会の進めることを注視したい」と強調した。

 また、検証している市場移転を巡る過去の経緯が、築地市場(中央区)の移転可否の判断に影響を及ぼすかを問われ、「及ぼすと思う」と述べた。