安倍首相、対北朝鮮で連携訴え サミットにらみ欧州歴訪

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 安倍晋三首相は17日、イタリアで5月に開かれる主要国首脳会議(サミット)で、北朝鮮の核・ミサイル開発阻止を主要議題にするよう、参加国に働き掛ける方針を固めた。19日からのサミット議長国イタリアなど欧州歴訪で各国リーダーに直接協力を求める構え。首脳宣言に北朝鮮による軍拡阻止に向けた各国の決意を示す文言の明記を盛り込むことを目指す。

 シリア難民、ウクライナ危機に関心が向く欧米各国にアジアの安全保障問題の重要性を強調する狙い。中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題でも本格議論ができる環境整備をしたい意向だ。首相は19日午後に日本を出発する予定。