北朝鮮の政策転換へ連携

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 共同記者会見で握手するティラーソン米国務長官(左)と中国の王毅外相=18日、北京の釣魚台迎賓館(共同)

 【北京共同】ティラーソン米国務長官は18日、就任後初めて中国を訪問し、北京の釣魚台迎賓館で王毅外相と会談した。ティラーソン氏は会談後の共同記者会見で、核・ミサイル開発を追求する北朝鮮に政策転換を迫るために連携していくことに王氏が同意したと述べた。

 王氏は北朝鮮の核問題を巡り「(米国との)意思疎通と協力を強化し、解決プロセスを進める」と述べる一方、平和的解決のため外交努力を果たす必要があるとも強調。北朝鮮政策で軍事力行使を排除しないとするトランプ政権の強硬姿勢にくぎを刺した。