PKOの陸自隊員一時拘束

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2016年12月、PKO施設内で防護壁の設置作業をする陸上自衛隊員。奥は避難民キャンプ=南スーダン・ジュバ(共同)

 防衛省は18日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の隊員5人が18日午前10時(日本時間同日午後4時)ごろ、首都ジュバで調達業務中、南スーダン政府軍に一時拘束されたと発表した。約1時間後に解放されて宿営地に戻り、けがはなかった。隊員は銃を携行しており、武器取り締まりをしていた兵士が、国連要員が対象外と知らず拘束した。南スーダン政府は日本側に「誤解があった」と謝罪した。

 防衛省によると、一連の活動で陸自隊員が拘束されたのは初めて。過去のPKOでも同様の事案は把握していないとしている。