NYで「命のビザ」に称賛の声 杉原氏の映画上映

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「ニューヨーク平和映画祭」で発言するデボラ・リードさん(左)と主催者の田中有美さん=18日(共同)

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークで「ニューヨーク平和映画祭」が18日開かれ、第2次大戦中にナチス・ドイツの迫害からユダヤ人を救うため「命のビザ」を発給した日本の外交官・故杉原千畝氏に関連するドキュメンタリー映画などが上映された。来場者からは杉原氏の行動をたたえる声が聞かれた。

 同映画は「杉原千畝を繋いだ命の物語」(梶岡潤一監督)。命のビザで日本に渡ったユダヤ人のうち、日本の支援関係者に自身の写真を残したものの、消息が分からなくなっていた女性(故人)の身元を調査したフリーライター北出明氏(73)=三重県伊賀市出身=の活動を追った短編作品。