グライダー墜落で男性死亡、茨城 大会に出場中、田んぼに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 19日午後3時55分ごろ、茨城県桜川市の田んぼにハンググライダーが墜落したと、119番があった。乗っていたのは30代の男性で頭などを打っており、死亡が確認された。県内で開催中の大会に出場していた。

 県警によると、大会は「2017板敷山スプリングフライト」で、男性は19日午後0時半ごろ、茨城県石岡市内の山を離陸。約60キロのコースを飛び、桜川市真壁町椎尾のゴール地点に向かう予定だった。