スノボ女子、鬼塚雅が帰国 銅メダルも「悔しい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 世界選手権から帰国し、銅メダルを見せるスノーボード女子の鬼塚雅=19日、成田空港

 スノーボード女子で18歳の鬼塚雅(フリー)が19日、世界選手権(スペイン)を終え成田空港に帰国した。スロープスタイルで銅メダルを獲得したものの2連覇を逃し「もう1回、金メダルを取りたかった。悔しい」と満足はしていなかった。

 前回王者のゼッケンをつけて臨んだことで、これまでにない緊張を味わったという。それでも「平昌五輪につながる経験はできた」と前向きにとらえる。オフシーズンも海外を拠点に練習づけの日々を送る予定で、新技の習得などに取り組む。残り1年を切った五輪に向け「金メダルを取れるように頑張りたい」と意欲を新たにした。