スキー、葛西2位で最年長表彰台 W杯ジャンプ個人第24戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ノルディックスキーW杯ジャンプ個人第24戦で2位となり、表彰台で笑顔の葛西紀明=ビケルスン(共同)

 【ビケルスン(ノルウェー)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は19日、ノルウェーのビケルスンでフライングヒルによる個人第24戦(ヒルサイズ=HS225メートル)が行われ、葛西紀明(土屋ホーム)が合計448・0点で2位に入った。昨年3月以来、約1年ぶりに表彰台に立ち、自身が持つW杯の最年長表彰台記録を44歳9カ月に更新した。

 葛西は1回目に239・5メートル、2回目に241・5メートルを飛んだ。カミル・ストッホ(ポーランド)が238・5メートル、237メートルの合計466・6点で今季7勝目、通算22勝目を挙げた。