北朝鮮新型エンジン、最大推力か 19日の燃焼実験、韓国が分析

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ソウル共同】北朝鮮が19日に北西部東倉里の「西海衛星発射場」で高出力ロケットエンジンの地上燃焼実験を行い成功したと主張したことに絡み、聯合ニュースは20日、韓国軍の専門家がこのエンジンについて北朝鮮がこれまで公開したエンジンの中で最も高い推力を持つと分析していると報じた。

 韓国国防省の副報道官は20日の定例記者会見で、実験の分析から北朝鮮のエンジンの性能が「進展を遂げている」と判断していると述べた。また実験は、主エンジンと四つの補助エンジンを組み合わせた新型エンジン開発が目的だとみていると明らかにした。