カブスの上原、1回を三者凡退 マイナー契約の川崎は1安打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ロッキーズ戦の7回から登板し、1回を三者凡退に抑えたカブスの上原=スコッツデール(共同)

 【スコッツデール(米アリゾナ州)共同】米大リーグは20日、各地でオープン戦が行われ、カブスは上原がアリゾナ州スコッツデールでのロッキーズ戦に3―2の七回に4番手で登板し、1回を2三振で三者凡退とした。マイナー契約の川崎は「8番・遊撃」で先発出場し、3打数1安打1得点、1四球だった。チームは9―6で勝った。

 マーリンズのイチローは出場せず、フリー打撃などで練習した。

 ヤンキースの田中はブルペン入りした。ドジャースの前田はキャッチボールやフリー打撃などで調整した。