東京円、一時111円半ば 4カ月ぶり円高水準

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 22日の東京外国為替市場の円相場は、株安を背景に安全通貨とされる円が買われ一時、昨年11月下旬以来約4カ月ぶりの円高ドル安水準となる1ドル=111円台半ばに上昇した。

 午前10時現在は、前日比1円16銭円高ドル安の1ドル=111円66~67銭。ユーロは1円03銭円高ユーロ安の1ユーロ=120円60~64銭。

 トランプ米政権の経済政策運営を巡る先行き不透明感から前日の米国で株価が急落。その後の東京市場でも日経平均株価が大幅安となったことから、リスク回避志向を強めた投資家による円買いドル売りの動きが広がった。