共謀罪、今国会の成立方針を確認 自公幹事長が会談

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は22日、東京都内で会談し、共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案について、今国会で成立を目指す方針を確認した。一般市民らも対象になり得るとの懸念が出ていることを踏まえ、審議を通じて国民の理解を求めていくことでも一致した。

 改正案を取り扱う衆院法務委員会に関して、井上氏は、既に国会提出されている民法改正案と性犯罪を厳罰化する刑法改正案を、組織犯罪処罰法改正案に先行し審議するよう提起した。二階氏は回答を留保した。

 「森友学園」問題を巡っては籠池泰典氏の23日の証人喚問で真相を明らかにすることを申し合わせた。