WBC小久保監督、退任の意向 「これで契約満了です」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 小久保裕紀監督

 【ロサンゼルス共同】野球の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の小久保裕紀監督は21日、米ロサンゼルスで行われた米国との準決勝に敗れて敗退決定後に「この大会に向けてやってきた。これで契約満了ということです」と退任の意向を示した。

 日本は前回大会で3連覇を逃した反省もあり、代表チームの常設化を決定。2013年10月に小久保監督が代表監督に就任していた。