木村沙織「気持ちが薄れた」 バレー、引退会見

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 引退記者会見で笑顔を見せる女子バレーボールの木村沙織=22日、大津市

 日本の女子バレーボールで初めて五輪4大会連続出場を果たした木村沙織(30)が22日、所属チーム東レの本拠地の大津市で引退記者会見し「前ほど悔しいというのがなくなった。プレーがどうこうというより、気持ちの部分で薄れてきたものがあった」と理由を語った。

 プレミアリーグ開幕前の昨年10月に今季の同リーグ限りでの引退を表明していた。25日のオールスターには出場予定。

 17歳で日本代表に初選出された輝かしい実績の裏で「いつやめてもいいと思ってやってきた」と話した。銅メダルに輝いた12年ロンドン五輪後や主将を務めた昨年のリオ五輪後も引退を考えたことを明かした。