燃費、市街地走行など表示義務 車カタログ掲載で新方式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 新しい燃費表示のイメージ

 国土交通、経済産業両省は22日、自動車メーカーが乗用車のカタログに掲載する燃費に関し、市街地、郊外、高速道路の3種類の走行を想定した数値と平均値の計4種の表示を義務付けることを決めた。現在は平均値だけが掲載されているが、実際の燃費は1~4割悪いとの指摘を受け、実走行に近い数値の表示を目指す。

 両省は6月をめどに制度を改正し、メーカーには2018年10月以降の新型車からカタログでの新表示を義務付ける。ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車(HV)が対象で、メーカーは今夏以降、新表示のカタログの導入を進めるとみられる。