具志堅幸司氏ら日本体協理事へ 張会長ら退任

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本体協は22日の臨時評議員会で次期理事候補者を承認し、日本体操協会の具志堅幸司副会長(60)や日本スケート連盟副会長で衆院議員の長島昭久氏(55)、日本サッカー協会の今井純子理事(51)らが新たに就任する見通しとなった。それぞれ会長、副会長就任が有力な味の素の伊藤雅俊会長(69)、遠藤利明前五輪相(67)も名を連ねた。

 張富士夫会長(80)や監物永三副会長(69)、国体委員長の原博実常務理事(58)は退任する。6月の評議員会で正式に決まり、会長、副会長などの役職は新理事の互選で決まる。