共謀罪「政府への言論封じない」 参院委で金田法相

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 金田勝年法相は22日の参院法務委員会で、共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案について、「市民運動を行う一般の方々が処罰の対象となることはない。政府に対する言論が封じられるとの懸念は当たらない」と改めて述べた。

 沖縄県での米軍基地への反対運動などを念頭に、「政府への抵抗行為を未然に一網打尽にする意図があると疑わざるを得ない」とした沖縄の風の糸数慶子氏への答弁。