名古屋城天守閣を木造復元へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 名古屋城の木造化イメージ図(名古屋市提供)

 名古屋市議会経済水道委員会は22日、名古屋城天守閣の木造復元に向けた約10億円の補正予算案を賛成多数で可決した。適正な収支計画の策定を条件とする付帯決議も併せて採択した。23日の本会議で成立の見通し。文化庁によると、コンクリートで戦後に再建された天守閣の木造による建て直しは全国初。

 木造による天守閣再建は河村たかし市長の目玉施策で、総工費約500億円の大型事業が本格始動する。現行計画では2017年11月から天守閣への入場を禁止。文化庁の許可を得た上で19年3月に取り壊しを始め、22年12月の完成を目指す。