中国の食品撤去で取材経緯ただす

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 中国上海市のスーパーで、日本産食品が撤去された陳列棚=17日(共同)

 【北京共同】中国で輸入が禁止された日本産食品が販売されていたとの報道を受け、中国のスーパーで商品が大規模に撤去された問題で、北京の日本大使館は22日までに、番組を放送した国営中央テレビに取材経緯をただす質問状を送った。

 中央テレビが15日に放送した特別番組は、東京電力福島第1原発事故後に中国政府が輸入を禁止した10都県産の食品が中国で売られていたと報じた。番組を受け、中国各地で日本産食品を撤去して安全性を確認する動きが拡大した。

 だが番組は、商品のラベルに書かれた本社所在地を産地と取り違えるなどずさんな取材で、中国国内でも批判が噴出した。