NY円、一時110円74銭 4カ月ぶり円高水準

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク外国為替市場の円相場はドルに対して上昇し、一時1ドル=110円74銭と昨年11月下旬以来、4カ月ぶりの円高水準をつけた。

 トランプ米政権が目指す大型減税やインフラ投資の実現性に対する懸念は根強く、投資家がリスクを避けようと相対的に安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きを強めた。午後に入るとドルを買い戻す動きも出て、円相場は111円台前半を中心に推移した。

 午後5時現在は前日比57銭円高ドル安の1ドル=111円11~21銭。ユーロは1ユーロ=1・0791~0801ドル、119円99銭~120円09銭だった。