選抜、作新や秀岳館2回戦へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 作新学院―帝京五 3回表作新学院2死一、二塁、大関が右前に適時打を放つ=甲子園

 第89回選抜高校野球大会第4日は23日、甲子園球場で1回戦3試合が行われ、昨夏に全国制覇した作新学院(栃木)のほか、秀岳館(熊本)福井工大福井が2回戦に進出した。

 史上5校目の夏春連覇に挑む作新学院は序盤から打線がつながり、48年ぶり出場の帝京五(愛媛)に9―1で快勝した。

 昨年は春夏とも4強入りした秀岳館は五回、幸地の満塁本塁打などで7点を奪い、11―1で高田商(奈良)に大勝した。

 福井工大福井は九回、長谷川の暴投で勝ち越し、6―4で仙台育英(宮城)に逆転勝ちした。福井工大福井は41年ぶりの春勝利。