トヨタ、NTTとネット提携へ 超高速通信で共同研究

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 トヨタ自動車とNTTが、インターネットに接続してさまざまなサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」などの技術で提携することが23日、分かった。超高速通信が可能な第5世代の移動通信システム「5G」を活用した共同研究を実施する。

 ネット経由で集めた走行データなどは将来の自動運転技術にも応用できるため、自動車メーカーの開発競争や異業種連携が加速している。自動運転では自動車と信号機などのインフラや、自動車同士を通信でつなぎ、お互いの位置を把握して事故を防ぐ技術が必要で、通信の高速化が不可欠となる。