AIIB加盟70カ国地域に 日米主導のアジア開銀上回る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アジアインフラ投資銀行の本部=北京(共同)

 【北京、博鰲共同】中国が主導する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は23日、新たにカナダや香港など13カ国・地域の加盟申請を承認したと発表した。加盟国・地域は70になり、日米が主導するアジア開発銀行(ADB)の67カ国・地域を上回る。先進7カ国(G7)で参加を見送っているのは日米だけとなる。

 AIIBが新たに申請承認したのは香港、カナダのほか、ベルギーやハンガリー、アイルランド、ペルーなど。今後、国内手続きなどを経て正式に加盟する。

 AIIBは「今回の発表は新規加盟の第1陣だ」(広報)としており、加盟国は今後さらに増える可能性がある。