高田商1―11秀岳館 秀岳館が大勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 高田商―秀岳館 5回表秀岳館2死、幸地が左翼ポール際に満塁本塁打を放つ。捕手竹村=甲子園

 秀岳館が大勝した。1―0の五回、無死一、三塁からの3連続適時打で3点を加えると、さらに2死満塁から幸地の本塁打で一挙7点。七回にも3連続安打などで3点を追加した。威力のある速球で押した先発の川端は8回を1点に抑え、10三振を奪った。

 高田商は五回に失策が重なって大量失点。打線も1点を返すのがやっとだった。