全国初、名古屋城木造復元を決定 総工費500億円

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 名古屋城の天守閣=22日、名古屋市

 名古屋城天守閣の木造復元に向けた基本設計費など約10億円の補正予算は、23日の名古屋市議会本会議で可決、成立した。文化庁によると、コンクリートで造られた天守閣の木造による建て直しは全国初。2022年の完成を目指し、総工費約500億円の大型事業が始動する。

 天守閣の木造復元は、4月23日投票の市長選で3期目を狙う河村たかし市長の目玉施策。市は昨年6月の議会に予算案を提出したが、収支見通しや短い工期に疑問が噴出、3度継続審査となっていた。

 河村氏と対立する議会内には慎重意見が強かったが、自民、民進、公明3党に「先延ばしできない」とする声が強まり賛成に転じた。