作新学院9―1帝京五 作新、投打で上回る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 作新学院―帝京五 1回表作新学院2死一塁、中島が右中間に先制の三塁打を放つ。捕手篠崎=甲子園

 作新学院が投打で上回った。一回に中島の三塁打など4長短打を絡めて3点を先制。三、四回は連続適時打で2点ずつ加えて突き放した。先発の大関は直球、変化球ともに制球がよく、7回を単打のみの5安打にまとめた。

 帝京五は先発の左腕岡元が5失点、2番手の佐藤が8四死球で4失点。攻撃では九回に1点を返すのがやっとだった。