朴氏捜査、逮捕状請求に傾く 韓国検察、結論は来週か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 取り調べを終えソウル中央地検から出る韓国の朴槿恵前大統領=22日(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵前大統領を収賄容疑などで取り調べた検察が、朴氏の逮捕状を請求する方針に傾いていると、聯合ニュースが23日伝えた。朴氏に掛かる容疑の多さや重大性、また朴氏との共謀関係が認められた多くの関係者らが既に逮捕されていることに照らした公平性などを踏まえ、逮捕が妥当との判断を強め、最終的な検討に入っているもようだ。

 聯合によると、検察は来週初めにも結論を出すとの観測が広がっている。

 朴氏の容疑は親友の崔順実被告と共謀し、韓国最大の企業グループ、サムスンから巨額の賄賂を受け取った疑いなど少なくとも13件に上り、全面的に否認しているとされる。