エース宮原知子の欠場「痛手」 五輪3枠へ小林強化部長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アイスショーで演技する宮原知子=1月、名古屋市

 日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は23日、女子で2015年世界選手権銀メダルのエース宮原知子(関大)が左股関節のけがのため、来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠がかかる29日開幕の世界選手権(ヘルシンキ)を欠場することになり「五輪3枠(の確保)を掲げていて、宮原は世界に認められる成績を残しているので痛手」と話した。

 世界選手権上位2人の順位合計が「13」以内であれば五輪の最大3枠を得られるが、全日本選手権3連覇の宮原の不在で3枠獲得が厳しい状況。小林強化部長は「前向きにやらないといけない。とにかく『13』を目指して頑張る」と強調した。