東京円、111円台前半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 23日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台前半で取引された。

 午後5時現在は、前日比27銭円高ドル安の1ドル=111円23~25銭。ユーロは38銭円高ユーロ安の1ユーロ=120円05~09銭。

 午前はトランプ米大統領の経済政策の実現性を巡る懸念から、安全通貨とされる円を買ってドルを売る動きがあった半面、実需のドル買い円売りもあった。午後に入ると、米医療保険制度改革を見直す法案の採決が米下院本会議で行われるのを意識して、様子見ムードが強まった。

 市場では「トランプ氏の政策などに対する投資家の楽観的な見方は後退している」(外為ブローカー)との声があった。