鳥越氏の女性問題報道、不起訴

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 鳥越俊太郎氏

 東京地検特捜部は23日、昨年7月の東京都知事選に立候補したジャーナリスト鳥越俊太郎氏(77)の女性問題疑惑を報じ、名誉毀損と公選法違反の疑いで鳥越氏から刑事告訴された週刊文春と週刊新潮の編集人をそれぞれ不起訴処分とした。嫌疑不十分とみられる。

 都知事選で鳥越氏は、民進党など野党4党の推薦を受けて立候補したが落選。文春と新潮は選挙期間中に女性問題疑惑を掲載しており、鳥越氏は「事実無根」だとして両誌の編集部に抗議文を送った上で、地検に告訴状を出していた。

 鳥越氏は毎日新聞記者を経て、テレビ番組のキャスターなどを務めた。