東京海上、訪日客データ無償提供 投稿84万件分析

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京海上日動火災保険は23日、訪日外国人客による短文投稿サイト「ツイッター」と中国の「微博(ウェイボ)」の投稿計約84万件を調査し、分析したデータを希望する全ての自治体や商工会議所に3月下旬から無償で提供すると明らかにした。訪日客の要望や行動のデータを地元への誘客に活用してもらう狙いで、データを基にした助言もできるという。24日に発表する。

 東京海上日動の北沢利文社長(63)は共同通信に対し「日本人が気付かない魅力が全国に多くあることが分かった。各地の魅力の場所をつなげて観光ルートにすれば訪日客のさらなる増加が見込めると思う」と強調した。