県立高、入試評価で実技優遇か 千葉、県教委指導へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 千葉県立幕張総合高(千葉市美浜区)は23日、普通科の入試で、学力テストに加えて運動などの実技か自己アピールで実施する「自己表現」と呼ばれる検査について、実技を選んだ受験生の評価を優遇していたと明らかにした。受験生に評価に偏りがあることを説明しておらず、県教育委員会は公平性や透明性に問題があるとして経緯を調べ、指導する方針。

 同校によると、普通科の前期選抜試験では学力テストや調査書に加え、実技か自己アピールを受験生が選ぶ自己表現検査を実施、A、B、Cの3段階で評価している。