エコパークへの推薦見送り 甲武信ケ岳周辺地域

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の国内委員会は23日、埼玉、山梨、長野県境の甲武信ケ岳周辺地域について、生物圏保存地域「エコパーク」への推薦を見送ることを決めた。委員会事務局は「甲武信ユネスコエコパーク」の名称で9月に推薦書を提出する方針を固めていたが、分科会が時期尚早と判断し、最終局面でストップをかけた。

 当初は21日に分科会の会合を開き、推薦の了承を求める予定だったが、出席者が足りず会合が不成立となった。その後、事務局が電子メールで委員と個別に連絡を取り、意見を聴いたところ、反対がありまとまらなかった。