籠池氏「首相夫人説明を」 行政に名誉校長を伝達

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 森友学園の籠池泰典氏は23日の証人喚問で、学園の国有地払い下げ問題などを巡り認識が食い違う安倍晋三首相の昭恵夫人や夫人を担当する政府職員も公開の場で事情を説明すべきだとの認識を示した。学園が小学校開設に向けて近畿財務局や大阪航空局と交渉する過程で、名誉校長に昭恵夫人が就任していると伝えていたことも明らかにした。

 小学校設置に関し、大阪府私立学校審議会は2015年1月に条件付きながら「認可適当」とした。籠池氏はこれを「政治的な背景があったと思う」と指摘した。